「グリーンアイ」タグアーカイブ

猫ちゃんは😻なぜ可愛いのか?何故かって?それには驚愕の事実が...

はじめに

こんにちはneko-hiruneです。

ねこは可愛いのである。

生まれたての頃、耳もしっかりピンとしておらず目も開いてない。

ミャーミャー鳴くばかりである。

お母さんねこの乳をのんで寝るそれが仕事。

子猫
子猫

人間の赤ちゃんはオムツに排泄しますが、ねこはどうでしょうか?

生後3週間までのね赤ちゃんねこはお母さんねこにおしり付近を舐めてもらって刺激を与えないと排泄が出来ません。

そしてその排泄物はお母さんねこが舐め取ってしまうのです。

生後2週間位すると目が開いて、ヨチヨチ歩き出します。

猫の目の色

目が開いたばかりの子ねこは目が青いです。

子猫
子猫

これはキトンブルーと言って成ねこになるとカッパー、ヘーゼル、グリーン、ブルー、レッド、オッドアイに成ります。

・カッパー

カッパーアイ
カッパーアイ

・ヘーゼル

ヘーゼルアイ
ヘーゼルアイ

・グリーン

グリーンアイ
グリーンアイ

・ブルー

ブルーアイ
ブルーアイ

・オッドアイ

オッドアイ
オッドアイ

青い眼は白猫シャム系のネコ(ポイントのあるネコ)に多く、白猫の場合は高い割合で聴覚障害を持っている。白猫の場合はオッドアイと言われる、左右の眼の色が違う場合も多い。この場合、青い眼の側の耳に聴覚障害を抱えることがある。一方が黄色で、もう一方が黄味のない淡銀灰色/あるいは淡青色というオッドアイは、日本では『金目銀目(きんめぎんめ)』と呼ばれ、縁起が良いものとして珍重されてきた[30]

これらの眼の色の違いは、虹彩におけるメラニン色素の量で決まり、色素が多い順にカッパー、ヘーゼル、緑、青となる。人間など他の哺乳類の眼でも同様である。色素の量の違いは、元々生息していた地域の日光量の違いに由来するといわれる(日光量が多い地域では色素が多くなる)が、交雑の結果、現在では地域による違いはほとんどなくなっている。シャムネコの青い眼は北アジア由来といわれ、熱帯タイ原産のシャムネコであるが、先祖の眼の色に由来するという。

生まれて間もない仔猫の場合、品種に関わらず、虹彩に色素が沈着していない場合が多く、青目に見えることが多い[31]。これを「キトゥン・ブルー」(Kitten Blue、「仔猫の青」の意)という。生後7週間くらいから虹彩に色素がつき始め、徐々に本来の眼の色になっていく。

引用:ウィキペディアより

ねこは何故可愛いのか?

多くの人が、猫をかわいいと感じるのはなぜでしょうか。

この疑問は動学者の研究によると、「baby schema(ベビースキーマ)」といわれる、ベビー様式が関係していることが分かったそうです。

baby schema(ベビースキーマ)とは

「baby schema(ベビースキーマ)」とは、かわいいと思わせる顔の様式のことをいいます。

動物行動学者のコンラート・ローレンツは1943年に『可能な経験の生得的形態(経験できることには生まれつき決まった形がある)』という論文を発表した[2]。ここで提唱されたベビースキーマ(ドイツ語版)という概念は科学的理論体系に基づき、幼児のかわいさを論理的に考察したもので「かわいい」研究の出発点となった[3]。

これは「幼い動物の身体的特徴をかわいいと感じるのは本能である」という動物行動学の発想に基づいた概念であり、乳幼児が自分自身を「かわいく」見せることで保護者の養育反応を喚起させる身体的特徴を指している。

また、ベビースキーマは本来の生物学的な領域以外にデザインや産業の分野でも絶大な効果があり、特に有名な例が日本の漫画やアニメなどのポップカルチャー(おたく文化)である。たとえばキャラクターの「無垢さ」「従順さ」「幼さ」を演出・強調するために、しばしば「身体に比して大きな頭と小さな鼻」「顔の中央よりやや下に位置する大きな眼」「突き出た額」「短くてふとい四肢」「やわらかい体表面」「丸みをもつ豊頬」「全体に丸みのある体型」「ぎこちない動き」[4][5]などベビースキーマの特徴が多用される(こうした天然に存在しないが見る者に大きな反応を引き起こすものを「超正常刺激」と呼ぶ)。このような超正常刺激を呼び起こすキャラクターデザインはサブカルチャーに留まらず、ゆるキャラや萌えキャラ[6]など日本社会のあらゆる分野に広がっている美的感覚であり、総じて「かわいい」「萌え」「尊い」などの日本語で形容・表現されている。引用ウィキペディアより

哺乳類の赤ちゃんが「ベビースキーマ」のような見た目をしているのは、不幸にも親がいなくなっても他の動物の母性本能を刺激して、「守ってあげたい」という気持ちにさせる為だということです。

それだけじゃない猫の可愛さ

猫の可愛さはベビースキーマだけではないです。

肉球も猫の魅力のうちです。

いろいろな肉球をご覧ください。

肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球
肉球